資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. 最新セミナー>
  3. 『高齢者処遇の人材マネジメント』 ~いつまでも必要な人材と見なされる社員を創るための改革論~

最新セミナー

『高齢者処遇の人材マネジメント』
~いつまでも必要な人材と見なされる社員を創るための改革論~

  • 開催日時

    2016年12月16日(金) 10:00~17:00 ※本セミナーの募集は終了しました

    セミナーお申し込み
  • 概要

    日本と日本企業を取り巻く環境の変化は、いうまでもなく人口減少、超高齢社会、縮小経済の只中にあります。

    目下の人材マネジメント上のキーワードは、「グローバル対応」「女性活躍推進」そして「高齢者処遇」でしょう。これらをすべてまとめて「ダイバーシティ・マネジメント」(多様性を活かす経営)と表現することもできます。

    社員の年齢構成を少しでも気にする企業では、現時点のシニア社員の処遇のみならず、10年後にフォーカスを当てた人材マネジメント施策を、いまから検討し始めている企業も増えてきました。

    例えば目下の課題は、現時点で45歳〜50歳超に来ているバブル期入社組です。大量採用された結果、管理職適齢期を過ぎてもその多くは管理職に登用されず、その次の年代に先を越されて、職場では年上部下となっているケースも多くなっています。さらに、この年代があと10年経過すると定年を迎えるため、高齢者雇用の対象ともなってきます。そのための備えに、いまから着手しているということです。

    しかし本来的には、シニア社員や高齢社員になって初めてその年代の働き方を考えるのでは、遅きに失すると言えます。そんなところから、心ある企業では、若手社員から高齢社員に至る各年代において、節目としての「キャリアデザイン研修」を企画しようと動き始めたところも目につくようになりました。昨今では、『ビジネスモデルYOU』(翔泳社)で紹介されている「パーソナル・キャンバス」などを活用した研修プログラムも導入・普及が進んできています。

    「エイジダイバーシティ」(年齢の多様性)を経営に活かすことを考えれば、自分の会社にとって、いつまでも必要な人材と見なされる社員を、1人でも多く創るための人材マネジメントを実践していくことが肝要となります。「要らない社員は1人もいない」からです。

    本セミナーでは、高齢者処遇についての基本的な考え方から高齢者処遇の人材マネジメントを実践していくためのポイント、さらにはエイジフリーで働き続けるためのこれからのキャリアデザインの具体的な構築方法と留意点に関して、担当講師がこれまでの豊富なコンサルティング経験をベースに具体的に解説します。

    この機会に、多数の皆様のご参加をお勧めいたします。

  • プログラム内容

    付け焼き刃に過ぎないこれまでの高齢者処遇
    ポストオフ制度と再雇用制度の是非論
    エイジダイバーシティを基礎とする制度改革
    世代論・年代論に強くなる
    「パーソナル・キャンバス」を活用したキャリアデザイン研修
    エイジフリーな組織を創る
    質疑応答

    ※カリキュラムの内容は、予告なく変更になる場合がございます。
     予めご了承ください。

講師

吉田 寿 HISASHI YOSHIDA

ビジネスコーチ株式会社 常務取締役
チーフHRビジネスオフィサー
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ
中央大学大学院戦略経営研究科客員教授
早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員

経歴

早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。
富士通人事部門、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・プリンシパルを経て、2015年1月より現職。

開催概要

開催日時 2016年12月16日(金) 10:00~17:00 ※本セミナーの募集は終了しました
開催場所 ビジネスコーチ株式会社 セミナールーム
東京都千代田区麹町2-2 KIHOHビル 5階 [地図]
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 3a 出口から徒歩1分
東京メトロ有楽町線 麹町駅 3番出口から徒歩5分
参加費
(1名様につき)
1社1名様    :32,400円(税込)
1社4名様まで  :27,000円(税込)
1社5名様以上  :21,600円(税込)
※複数名参加される場合は、参加される合計人数と参加される方全員の
お名前とメールアドレスを「お申込フォーム」備考欄にご記入ください。
※事前振込をお願いしております。お振込み先はお申込み後、ご案内いたします。
主催 ビジネスコーチ株式会社

セミナーお申し込み

関連情報