資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. 最新セミナー>
  3. IoT・AI関連ビジネスを取り入れる際に生じる法務課題・知財課題とその対応策

最新セミナー

IoT・AI関連ビジネスを取り入れる際に生じる
法務課題・知財課題とその対応策

  • 開催日時

    2017年 11月1日(水) 14:00~17:00 ※こちらのセミナーの開催は終了しました

    セミナーお申し込み
  • 概要

       自動運転やウェアラブルデバイス、ヘルスケア、スマートハウスなど、IoTやAIを用いたサービスに関する報道を目にしない日はないかと思います。その一方でIoTビジネスはソフトとハードの融合により成り立っており、複数の事業者がそれぞれの得意分野の組合せによって提供されることも少なくなく、プレイヤー間のアライアンスは重要な位置を占めています。
       さらにIoT・AIビジネスでは、データ等の収集する際の法的障壁や、AIがビッグデータを利用して学習する過程で生じるデータの権利処理、AIにより創造された創作物の権利帰属、そして、そもそもAIそれ自体に関する知的財産の取扱いなど、AIを巡っては慎重な判断が求められる法的問題点が少なくありません。
       本セミナーでは、IoTやAIを用いてビジネスを展開する上でどのようなルールがあるのか、そして契約等を通じてどのようなルールづくりをしていけばよいのかについて、事例を踏まえながら解説をしていきます。

  • 対象

    法務部門、知的財産部門、情報システム部門、生産部門など関係部門のご担当者

  • プログラム内容

    1.IoT・AIビジネスの概要
          (1)IoTの構造
                   ・レイヤーと業界による法規制やリスクの違い
                   ・IoTサービスの特殊性
          (2)IoTが抱える法的課題
                   ・プライバシーの問題
                   ・「透明性」の確保という問題
                   ・データの帰属・利用の問題
                   ・データ収集に対する同意を促進させる取組み
          (3)IoTにおけるAIの重要性

    2.ユーザーとの契約関係
          (1)IoTの利用規約
                   ・クリックスルー問題
                   ・規約例の紹介
          (2)プライバシーポリシー
          (3)IoTデバイスの保証書

    3.他社とのアライアンスを巡る法律関係
          (1)共同開発契約
          (2)業務提携契約
          (3)ライセンス契約

    4.IoTに占めるAIの重要性
          (1)AIの仕組み
          (2)フェーズごとの権利処理の特徴
          (3)AIによる創作物の取扱い
          (4)AIビジネスのリスクと対応
          (5)AIビジネスの具体例

    5.IoT・AI関連ビジネスの知財戦略
          (1)IoT・AIビジネスに含まれる知財シーズ
          (2)効果的な知財化・権利行使・防御の仕方
          (3)先行プレイヤーの知財事例の紹介
          (4)知財を巡る制度改定の動向

講師

GVA法律事務所 弁護士  恩田 俊明氏 
GVA法律事務所 弁護士  小名木 俊太郎氏 

開催概要

開催日時 2017年 11月1日(水) 14:00~17:00 ※こちらのセミナーの開催は終了しました
開催場所 企業研究会 セミナールーム
〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目7番2号 麹町M-SQUARE 2F [地図]
東京メトロ 有楽町線「麹町駅」1番出口より徒歩5分
JR線/東京メトロ 丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」1番赤坂口または麹町口より徒歩9分
東京メトロ 銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」D出口より徒歩9分
東京メトロ 半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」7番出口より徒歩9分
参加費
(1名様につき)
37,800円(税込)
*当日キャンセルについて*
当日のキャンセルはいたしかねます。
お申込者がご出席いただけない場合は、代理の方にご出席をお願いいたします。
やむをえず当日ご欠席される場合は、資料を送付させていただきますので
未入金の場合も受講料のお支払いをお願いいたします。
主催 主催:一般社団法人企業研究会
共催:ビジネスコーチ株式会社

セミナーお申し込み