資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. 評価者研修プログラム

理論+実践力が身につく 評価者研修プログラム Evaluator Training

課題

評価者研修プログラムは以下の課題を解決します。

主要な課題

評価者研修自体はかなりポピュラーなものであり、決して目新しいものではありません。
しかし、それにも関わらず根強いニーズが存在している背景には、次のような課題があります。

・評価制度が未整備で、これまで評価者研修を実施したことがない
・上司(評価者)の人事評価に対する理解・認識が不足している
・部下(被評価者)の評価結果に対する納得感が得られない
・評価制度はあるものの、これまで評価者研修を一度も実施したことがない
・評価制度を運用しているが、評価者の視点がまったく擦り合っていない
・新たに人事制度を導入したので、新しい評価基準に基づく評価者研修を実施したい
・管理職研修の一環として評価者研修を定例実施したい     etc

概要

評価者研修の具体的なコンテンツとしては、例えば、「人事評価の重要性」について理解してもらい、次に「評価者の心構え」について解説します。併せて、研修の中でよく採り上げられるものに、「評価エラー」があります。これは、評価者が陥りやすい誤りのパターンをいくつかに分類して解説するものです。

次に、評価制度の2大要素ともいえる「成果評価」と「能力評価」の解説が入ります。成果評価については、目標管理の基本的な考え方や目標設定の具体的な実施方法などについて説明します。ここでは、PDCAのマネジメントが特に重要となります。一方、能力評価については、部下が実際の仕事ぶりの中でどのような能力を発揮していたか、あるいはどんな行動が実際に見られたかを、評価期間中の具体的な行動の事実に着目してどう評価するかがポイントとなります。

この成果評価や能力評価の具体的な実施を前提として、研修の中でよく取り組まれるものに「ケーススタディ」があります。これは、架空のケースを想定して、そこに登場する人物が評価期間中に上げた成果や観察された具体的な行動から、当該本人を評価基準に照らしてどう評価すべきかを考えさせるものです。

そして、人材育成の観点をより意識した面談の進め方について学びます。ここでは、少なくとも面談に最低限必要とされるスキルやコーチングの基礎的スキルなどのコンテンツが入ります。必要に応じて、実際に評価面談のロールプレイを実施する場合もあります。

ケーススタディに関して付け加えると、最近では架空のケースというよりも、過去に社内で実際にあった実例を元に、よりリアルなケース開発をしてそれを教材として使用する場合も増えてきました。また、人事評価を実施する上で、実際に現場で抱えている課題や問題点を事前に準備して研修に臨み、その場でグループ討議の形で検討を加えて一定の解決策を導き出すという演習を実施するケースも増えています。

評価者研修も、単なる研修の域を超えて、より実践的な場面を想定した課題解決の場として活用する時代となっているということです。

評価者研修こそが最強のマネジメント教育である。そう言っても過言ではないのです。

評価者研修のコンテンツ例

evaluator-training01

クライアントA社での取り組み事例

evaluator-training02

効果

評価者研修プログラムをご利用いただくことで、次のような効果が期待できます。

・自社の人事評価の考え方と評価の仕組みの理解が図られる
・人事評価の基本と評価者の心構え、評価エラーに関する知識が習得できる
・面談の基本スキルの理解と評価結果のフィードバックなどの実践スキルが習得できる
・評価制度の活用による部下の人材育成に関する知識とスキルが習得できる
・人事評価に対する評価者間の考え方および目線の擦り合わせが促進される
・評価調整プロセスの理解が図られる          etc.

特長

ビジネスコーチ株式会社が提供する評価者研修プログラムの特長(他社とは異なる提供価値)は以下の3点です。

特長

1

クライアント企業のニーズに応じたオリジナル研修プログラムの企画・実施

特長

2

評価制度運用上の課題解決のためのより実践的な研修プログラムの企画・実施

特長

3

必要に応じたオリジナル・ケーススタディ等の教材の企画・開発・実施

◆評価者研修実績◆
hyokakensyu

◆管理職研修実績◆
kensyu001_1

03-3556-5271
受付時間 9:30〜18:00
(土曜祝日を除く)

関連情報