資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. コーチ紹介>
  3. 山本 篤

コーチ紹介

山本 篤ATSUSHI YAMAMOTO

山本 篤

ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ
株式会社ソフトエッジ代表取締役
名古屋商科大学ビジネススクール客員講師
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ
国際コーチング連盟認定プロフェッショナルコーチ(ICF PCC)

学歴・職歴

慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)、明治大学商学部卒。
日本IBM、プライスウォーターハウス、電通などを経てマーケティングコンサルタントとして独立、数多くのプロジェクトを経験、業績向上や変革実現の知見・ノウハウおよび実績を蓄積した。ビジネスプロフェッショナルとしてのさらなる成長領域をエグゼクティブコーチングに求め、コーチエィで修業し、現在に至る。上場企業CEO・COOを含むエグゼクティブコーチの経験は230名以上、1on1のコーチングセッション経験は、2,000時間を超える。加えてミドルマネジャーに対する1on1セッションや組織開発等のビジネスコーチングは延べ500名以上、企業研修等で4,000名以上の人材開発経験を有している。名古屋商科大学ビジネススクールでは、「リーダーシップエッセンス」のクラス講師を務め、参加者から高い評価を獲得(5.0点満点中、平均4.5点以上の評価)しており、2020年で継続4年目となる。ビジネスコーチ社のビジョンとミッションに深く共感、共鳴し、パートナーエグゼクティブコーチとして、コーチ陣への参画を果たした。

実績

IT、コンサル、広告といった自らの転職経験を軸に、幅広い業種、多様な機能・部門のクライアントを支援してきた。エグゼクティブコーチングやリーダーシップコーチングでの実績が豊富だが、ここ数年は、ステークホルダーへのインパクトを最大化するための組織開発プロジェクトを多数経験してきている。主なテーマは、「トランジションマネジメント」、「リーダーシップ開発」だが、特に、経営コンサルタントに代表される「プロフェッショナル(エキスパート)のパフォーマンスアップ」、組織規模の大小を問わず「リーダーシップチームの一体化・影響力向上」のケースを数多く経験、深い知見を有している。中には、主要なボードメンバーをコーチすることで、エンゲージメントサーベイや顧客満足度調査のスコアの上昇だけでなく、時価総額がプロジェクト開始2年後に約2.3倍となった事例もある。
エグゼクティブコーチとして、「クライアント一人ひとりが、リーダーとして、人として、かけがえのない存在であり、その個性や強みを最大限に活かすコーチング」を心掛けている。そのコーチングの特徴は、様々なアセスメントやツールを活用し、実態を定量化、可視化しつつ、クライアントと一緒に目標達成のための新しいビジョン、スタイル、行動を創造していく、非指示的で共創的なアプローチにある。

<>