人事制度改革

納得度が高く成長性のある戦略的人事制度へ

サービス概要

適切な評価による個人の成長の促進及び会社の成長に繋げるための人事制度改革をご支援します。
社員がモチベーション高く働きがいを感じられる制度、個人の能力や行動がきちんと評価される制度策定のために、評価制度・報酬制度・等級制度の
3つの観点から人事コンサルティングもしくはアドバイザリーにて見直しを図ります。

課題

社員の成長を促す制度を構築できて
いますか?
  • 評価に対する納得度が低い

    分かりにくい評価指標・評価項目になっており、上司の中で評価運用にばらつきが出ている。

  • 中途社員が多く、給与レンジにばらつきが出ている

    中途社員の給与を現制度の等級に無理やり当てはめていたため、各等級内での給与幅に差が出ている。

  • 経営理念を意識した目標設定・評価制度を運用したい

    会社が社員に求めるコンピテンシーに対する理解にばらつきが出ており、理念を意識した適切な
    目標設定ができていない。設定する目標にばらつきがある。

  • 複線型人事制度の導入を検討したい

    今まで、管理職(マネジメント職)への道しか設けていなかったため、社員の多様性を
    活かしきれていない。

効果

経験豊富な人事コンサルタントが制度改定の支援をいたします。
  • 評価への納得度の高い制度改定が可能になる

    評価者によって解釈の分かれる内容ではなく、適時適切に評価ができる明確な指標を作ることで、部下の評価に対する納得度を高めることができます。

  • 給与と等級の見直しを図ることで給与レンジのばらつきを解消できる

    現制度における社員の等級および給与をすべて洗い出し、適正配置を検討していくことで、
    給与レンジのばらつきを解消し、適切な給与分布をつくることが可能です。

  • 経営理念を意識した評価項目の設定により、理念を意識した制度構築ができる

    会社が社員に求めるコンピテンシーを明示し、理念的行動が成果を生むことの理解・浸透を図る
    ことにより、会社の一貫性と一体感を醸成することが可能になります。

  • 専門職的な人材と職務に対して、複線型人事制度の検討が可能になる

    管理職(マネジメント職)と専門職(スペシャリスト職)の2つの道を制度として設けることで、
    社員の多様性を活かした制度への改定が可能になります。

プロジェクト/プログラム例

  • 新人事制度改定 フェーズ1:現状分析

    ・戦略/方向性の確認
    ・人事ポリシー/人事戦略御確認
    ・現状分析

  • 新人事制度改定 フェーズ2:新制度グランドデザイン

    ・新人事制度の方向性と制度適正運用のための課題整理
    ・新等級制度、評価制度、報酬制度の概要検討

  • 新人事制度改定 フェーズ3:新人事制度詳細設計

    ・等級制度の設計
    ・評価制度の設計
    ・報酬制度の設計
    ・その他課題の検討

  • 新人事制度改定 フェーズ4:新人事制度導入支援

    ・新体系移行後の人件費シミュレーションの実施
    ・新等級格付等、意向調整策の検討
    ・社員説明会などの実施支援

  • 新人事制度改定 フェーズ5:新人事制度定着化支援

    ・新人事制度に即した人材育成制度の検討、導入
    ・新退職金制度の検討

RELATED INFORMATION関連情報

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第16回】
帝人における、イノベーション創出のための人事戦略

帝人株式会社ではさまざまな事業を展開し、2021年度には9261億円もの売上高となりました。かつては日本初のレーヨンメーカーとして創業し、いまでは新事業、異分野への挑戦を行い、ヘルスケア事業やIT事業...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第15回】
ライオンにおけるワークエンゲージメントの取り組み

ライオン株式会社では、Vision2030の成長戦略「変革を実現するダイナミズムの創出」において、一人ひとりの従業員が成長過程で相互に刺激し合い、「自律した個」の躍動によって組織全体に変革の波(ダイナ...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第13回】
三越伊勢丹グループの価値創造プロセス実現のための人事変革

三越伊勢丹ホールディングスは、現在350年の歴史を誇る三越と、同じく約135年の伊勢丹が2008年に経営統合した会社です。現在は百貨店を中心に、物流、金融・カードサービス、中には宮内庁御用達家具まで製...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第12回】
100年企業パナソニックのカルチャー&マインド改革とサクセッションプラン

コネクティッドソリューションズ(CNS)社(※)は、パナソニックグループのBtoBソリューション事業の中核を担う社内カンパニー。数々の再編を経て、2017年4月に同社が発足して以来、健全なカルチャーの...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第11回】
『変革を実現する丸紅の人財戦略』
~経営戦略に連動した人事制度改革~

丸紅株式会社は日本と海外を含めると133拠点、連結対象会社456社という巨大なネットワークを持つ総合商社です。2018年には丸紅グループの在り姿として「Global crossvalue platfo...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第9回】
豊田通商におけるグローバル人事戦略
~組織人材マネジメント~

世界120カ国のステークホルダーとともに、現地に入り込んだ事業立ち上げを特徴とする豊田通商株式会社(以下、豊田通商)。世界的企業の大型M&Aを通じて企業規模が急速に拡大する中で、異文化の統合やそれぞれ...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第8回】
シスコシステムズに聞く、ワークエンゲージメントを
高める企業価値

Cisco Systems, Inc.は米サンノゼ州に本社を置く、ネットワークやセキュリティ関連製品の専門メーカーで、90年代にインターネットの礎を築いた会社のひとつです。同社の日本支社、シスコシステ...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第7回】
『KDDIにおけるジョブ型の取り組み』
~ 5G時代の新しい働き方 〜

1984年に創業したKDDI株式会社は、通信事業をビジネスの柱に増収増益を続けてきました。同社は固定電話がビジネスの核となっていた時代から携帯電話への移行、そしてインターネット時代へ突入し、5Gが登場...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第6回】
ブリヂストンが取組む人財マネジメント

1931年に設立され、創業90年を迎える株式会社ブリヂストンは、タイヤ市場において世界No.1のシェアを誇り、売上はおよそ3兆円。2020年はコロナ禍の影響もあったものの、それまでは基本的に営業利益率...

コラム

【HRエグゼクティブサロン 第5回】
三井住友フィナンシャルグループが挑む、
グループ経営戦略を支える人事戦略

テレワークの促進、多様な人材の雇用により、仕事に対する価値観が大きく変化し、企業にも変革が求められています。それは、数万人の従業員を要するメガバンクであっても例外ではありません。第5回HRエグゼクティ...