資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. BCウェブマガジン>
  3. 【対談映像】マーシャル・ゴールドスミス博士とビジネスコーチ代表・細川との特別対談を公開中

BCウェブマガジン

【対談映像】マーシャル・ゴールドスミス博士とビジネスコーチ代表・細川との特別対談を公開中

経営思想界のアカデミー賞といわれるThinkers 50のリーダーシップ部門で
No.1に輝いたマーシャル・ゴールドスミス博士。

ファイザー、グラクソ・スミスクライン、フォードモーター、
ウォルマート、世界銀行など世界的大企業の名経営者100人以上をコーチする
エグゼクティブコーチングの第一人者です。

SL理論(Situational Leadership)で有名なポール・ハーシー教授に師事し、
360度評価のパイオニアとしても知られています。

また、ゴールドスミス博士はピーター・F・ドラッカー財団の役員を10年間務め、
ピーター・F・ドラッカー氏はゴールドスミス博士のメンターのお一人でした。

リーダーに対して何を行うべきかを学ばせることには
大量の時間を投入しているが、
何を止めるべきかについての指導には
ほとんど時間を使っていない

ドラッカーからこの言葉を聞いたことがきっかけで、
ゴールドスミス博士はエグゼクティブが
「具体的に」どんな「行動」をやめるべきなのかを
真剣に考え始めたといいます。

そして、まとめ上げられた具体的な行動が、
日本でもエグゼクティブのリーダーシップ開発の良書として
多くのコーチがクライアントに推薦する書籍
『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』
で紹介されている20の悪い癖でした。

マーシャル・ゴールドスミス博士の講演や単独インタビューの映像は
Youtubeなどで多くありますが、そのほとんどは英語のみで
日本語の字幕付の映像はあまり多くありません。

今回は過去に実施した、弊社代表・細川との貴重な対談映像を日本語字幕付で
ご紹介いたします。

対談テーマは下記になっております。

・フィードフォワード、フィードバックの違いと効果
・チームワークを早く、効果的に高めるには?
・意思決定者を動かすポイント
・ドラッカー博士から、あなたが一番学んだことは何ですか?
・グローバルリーダーに共通するものとは?
・リーダーシップを行動に移すためのエッセンスとは?
・リーダーのイノベーション

ぜひお時間の許す限り、映像をご覧ください。

▼ 対談映像はこちら ▼
http://special.businesscoach.co.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マーシャル・ゴールドスミス博士 Dr.Marshall Goldsmith
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インディアナ大学MBA、UCLA博士号。エグゼクティブコーチングの第一人者。フォード、
グラクソスミスクライン、ファイザー、世界銀行など世界的大企業のCEOやCEO候補100名以上をコーチしたことで知られる。1949年ケンタッキー州生まれ。

76年から大学で教鞭をとるかたわら、専門とする「ボードメンバー向けリーダーシップアセスメント」の手法を駆使してリーダーシップ能力開発プログラムに従事。

「経営思想界のアカデミー賞」とも言われる権威と影響力を持つといわれるThinkers 50で、2015年にリーダーシップ開発部門賞受賞(総合では5位に選出される)

主な著書に『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』『コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方』『トリガー 自分を変えるコーチングの極意』(いずれも日本経済新聞出版社)など。

BCメルマガ登録を!

最新のイベント情報やホームページでは紹介していない
コーチング・ノウハウなど、役立つ情報をお届けします。

関連情報