資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. BCウェブマガジン>
  3. 第57回:新しいミッション ―「より良い組織創りの追求者であること」

BCウェブマガジン

第57回:新しいミッション ―「より良い組織創りの追求者であること」

橋場 剛 橋場 剛

弊社は先日2015年4月6日に創業10周年を迎えました。
この10年間ビジネスコーチ株式会社を支えてくださったすべての皆様、 そしてこのメールマガジンをお読みくださっているすべての皆様に 心より御礼申し上げます。いつも弊社を応援してくださり、本当にありがとうございます。

この10周年という節目に、 われわれの想いをお伝えさせていただきたいと思います。

10年前の2005年4月の弊社創業から さらに遡ること5か月の2004年12月某日。

それまで1年間、私はたった1人でコーチングに取り組んでいました。
1対1で行うコーチングです。
相手は、学校の先生や学生、ベンチャー企業の経営者など様々でした。

それまで外資系のコンサルティングファームで 激務の日々を過ごしていた私にとって会社組織に束縛されずに、 自分がコーチングしたい方を好きな時間にゆったりとコーチングができる 環境は実に心地よいものでした。

しかしながら、いろいろな意味で「1人」でコーチングに取り組むことに 限界を感じていた私は「チーム」を組むことを考え始めました。
そしてほどなく、私と一緒にコーチングに取り組むパートナー探しをする ことにしました。

そんなときに知人を通じて出会ったのが弊社代表の細川でした。
そのとき細川も私と同様、1人でコーチングに取り組んでいました。

これは今だから言える話ですが、 私は細川以外のいろいろなパートナー候補とも会い、 一緒にコーチングに取り組むパートナー探しに明け暮れていました。

私が細川と一緒にビジネスコーチ株式会社を創業しようと思ったのは、 細川が発したある1つの言葉に強く共感したからでした。

それは、

「1人でコーチングをやるのはショボイよ。
 企業の経営者や経営幹部に対して 真剣にビジネスのコーチングをしようとするなら、 まず自分たちがチームを組んで、組織運営に悩んだり、 部下育成に悩んだりしていないと、 クライアントに対して説得力がないと思いますよ」

そんな趣旨の言葉でした。

「一緒にやりましょう!」

細川と初めて会った日の翌日、私は細川にそう伝えました。

私はこの瞬間、

自分たち自身が身をもって体験する成功体験と失敗体験の両方を ビジネスコーチングを通じてお客様に提供していくことを心に決めました。

* * * * * * * * * * * * * * * *

あれから10年。

ビジネスコーチ株式会社は何のために、誰のために存在するのか?

この問いかけに対する考えを、弊社の中で幾度となく繰り返し、 議論を重ねてきました。

”よりよい社会を実現するための、より良い組織創りの追求者であること”

これがいま現在の私たちのミッション(使命)であり、 弊社がこの社会に存在する意義だと考えています。
結果的に、前述の10年前の私自身の初志をさらに発展させたものに なりました。

 

キーワードは「組織創り」と「追求者」です。

「組織創り」という言葉からイメージされる内容は様々だと思いますが、 その起点になるのは「個」であり、とりわけ「次世代エグゼクティブ」(※) の影響力です。

※「次世代エグゼクティブ」についてはコラムバックナンバー(第48回)  をご参照ください。

 http://www.businesscoach.co.jp/column/detail/column_48.html

  

私は30歳を迎えた時に、 「死ぬまでにしたい10のこと」を紙に書き出しました。
重要度が低いものから毎日1つずつ線で消していったところ、 最後の1つに残ったものが「ビジネスコーチング」でした。
「ビジネスコーチング」だけはどうしても線で消すことができず、 これだけは人生の中でどうしても挑戦してみたいと思える唯一のことでした。

先日創業10周年を迎えた時、 自身に対してもう一度同じ質問を投げ掛けてみました。

■Q:死ぬまでに何が何でもやり遂げたいことは何か?

■Q:人生を賭けて取り組みたい仕事は何か?

■Q:あと1年しか働くことができないとしたら、 どんな仕事に取り組みたいか?

■Q:人生最後の日、お世話になった方々にどのような人間だったと 記憶されたいか?

■Q:どんな仕事をしているときに心が躍り、ワクワクするか?

いずれも自己のミッションを再確認するためのパワークエスチョンです。

私の答えは、10年前と変わりませんでした。

先日、日頃から大変お世話になっている社長様から 10周年記念の御祝のメッセージとしてこんな言葉をいただきました。

“10年、偉大なり。20年、恐るべし。30年、歴史になる。”

中国の格言だそうです。

これまで10年間お世話になった皆様への感謝の気持ちを忘れることなく、 私たちビジネスコーチ株式会社はまた 1つの ”歴史” を作るべく新たなスタートを切りました。

お客様にもっともっと大きな成果をもたらすために、 まずは私たち自身がよりよい「組織創り」にチャレンジして参ります。

 

執筆者プロフィール
橋場 剛(はしば ごう)

ビジネスコーチ株式会社 専務取締役
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

アクセンチュア株式会社にて主に大手ハイテク企業に対するコンサルティング業務に携わる。同社マネジャー及び企業経営を経て、当社設立に参画。2010年1月より現職。
大手総合電機メーカーにおけるWeb受注納期回答システムの導入支援、開発購買領域の業務設計・システム化要件定義を実施し、大手企業の業務効率向上を実現する。大企業へのコンサルティング業務の経験を活かし、経営者、マネージャーら50名以上に対してコーチングを実施し、ビジョンの明確化、業績の向上に寄与する。
著書に『優れたリーダーに変わる たった1つの行動』(中経出版)、『ダイエットに成功する人が会社を活性化できるワケ』(扶桑社)がある。

BCメルマガ登録を!

最新のイベント情報やホームページでは紹介していない
コーチング・ノウハウなど、役立つ情報をお届けします。