資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. 最新セミナー>
  3. 【英語開催】ハラスメント防止研修 (パワハラ、セクハラ、マタハラを中心に) ~日常のグレーゾーンの検…

最新セミナー

【英語開催】
ハラスメント防止研修 (パワハラ、セクハラ、マタハラを中心に)
~日常のグレーゾーンの検討から裁判事例の解説まで~

  • 開催日時

    2020年11月26日(木) 10:00~12:00

    セミナーお申し込み
  • 概要

    2020年6月のパワハラ防止法施行に伴い、改めて各種ハラスメントの企業リスクが認識されているのではないでしょうか。

    ハラスメントは受け手の基準によってハラスメントと感じるかどうかが決まってしまいます。
    「世代」「外国籍」「中途採用者」「雇用形態の違い」など社員のバックグラウンドが多様化し、ハラスメントへの基準も多様化していることを再認識する重要性がより一層増しています。

    そこで本セミナーでは、実際に企業の内部通報ホットライン窓口も数多く担当し、日々ハラスメント関連の相談に対応されているのぞみ総合法律事務所の弁護士の先生方を講師にお招きし、「日常のグレーゾーンの検討から裁判事例の解説まで」を行います。

    裁判事例からはハラスメント事案が法人のレピュテーションにも甚大な影響が出かねないことをご理解いただけるのではないかと思います。

    今回は、講義はすべて英語(同時通訳なし)での開催になります。
    特に外国人の役員・管理職の皆さんにとっては、日本におけるハラスメントの法制や裁判例の傾向を正確に理解いただく貴重な機会になるものと思います。

    (日本語での開催は企業研修として個別に承っております。ご興味ある方は弊社問い合わせフォームよりお問合せください)

  • プログラム内容

    1.ハラスメントとは何か
    (1)どんな種類のものがあるか
    (2)何がハラスメントと言われるものか=人格権の侵害行為
    (3)ハラスメントの法律的な位置づけ

    2.これはハラスメントになるか 事例検討
    (1)セクハラになるかどうかの事例
    (2)パワハラになるかどうかの事例

    3.ハラスメントの結果
    (1)ハラスメントをした社員の責任
    (2)会社の責任
    (3)会社に与える潜在的な影響

    4.ハラスメントが起きないようにするには 対策編

講師

結城 大輔(Daisuke YUKI) 

のぞみ総合法律事務所 パートナー弁護士

経歴

1991年 開成高等学校卒業
1995年 司法試験合格
1996年 東京大学法学部卒業、司法修習生(第50期)
1998年 弁護士登録(第二東京弁護士会)、当事務所入所
2000年-2002年 日本銀行信用機構室決済システム課出向(証券決済法制等を担当)
2008年-2009年 韓国ソウルの法律事務所「法務法人(有限)太平洋(BAE, KIM & LEE)」「法務法人廣場(LEE & KO)」にて執務
2009年-2010年 米国University of Southern California(LL.M.)留学
2010年-2011年 米国ロサンゼルスの法律事務所「Liner Grode Stein Yankelevitz Sunshine Regenstreif & Taylor LLP (現DLA PIPER)」にて執務
2011年 米国ニューヨークの法律事務所「Moses & Singer LLP」にて執務
2012年 米国ニューヨーク州弁護士登録
2013年11月 日本帰国・のぞみ総合法律事務所に復帰
2015年9月 公認不正検査士登録

■主要取扱分野
企業法務・コンプライアンス
コンプライアンス、危機管理、法務デュー・ディリジェンス、企業不祥事対応、製品事故対応、内部通報システム構築サポート、ソーシャルメディア、企業内研修等。

知的財産権・エンターテインメント:
芸能プロダクションの顧問・相談対応、名誉毀損・プライバシー侵害、パブリシティ権、著作権、商標権、商品化権、不正競争防止法、ブランド・ノウハウ保護、その他関連契約法務。

米国法務(英語対応):
日米間の取引、日本企業の米国関係案件、米国企業の日本関係案件。米国等国際的企業不祥事における調査・捜査対応等。米国訴訟・ディスカバリや当局対応を踏まえた文書・電子データ保持規則その他米国訴訟対策等。米国ローファーム・弁護士との連携。英文契約書作成、助言。


Daisuke “Ike” Yuki is a partner of Nozomi Sogo. He passed Japan’s bar exam in 1995 and was admitted to the bar in Japan in 1998 as well as the New York bar in 2012. He is a member of Japan Federation of Bar Associations and Daini Tokyo Bar Association. Ike is a certified fraud examiner (CFE) and the board member of Association of Certified Fraud Examiners Japan (ACFE Japan).

【Experience】
・Nozomi Sogo, April 1998 – Present
Partner (from April 2004)
・Moses & Singer, October 2011 – October 2013
Of Counsel
・Liner Grode Stein Yankelevitz Sunshine Regenstreif & Taylor, Los Angeles, CA, September 2010 –June 2011
Visiting Foreign Attorney
・Lee & Ko, Seoul, South Korea, April 2009 – May 2009
Visiting Foreign Attorney
・Bae, Kim & Lee, Seoul, South Korea, June 2008 – March 2009
Visiting Foreign Attorney
・Bank of Japan, Tokyo, Japan, April 2000 – March 2002

【Representative Matters】
・Appeared before the Supreme Court of Japan and won a precedent judgment regarding floating collateral on July 20, 2006.
・Representing a Japanese public company manufacturing capacitors in a cartel civil lawsuit in class action lawsuits in the US federal courts and Canada by collaboration with
US and Canadian lawyers.
・Representing a Japanese individual in the FCPA investigations by the DOJ by collaboration with US lawyers.
・ Serving as a regular outside counsel in Japan for Korean clients, including banks and IT businesses, in terms of compliance and general corporate matters.
・Advised a US major clothing brand with regard to employment and general corporate issues under Japanese law.
・Advised foreign companies (including US and Korean businesses) with regard to M&A and JV matters.
・Conducted legal due diligence for one of the largest US nonprofit institutions before contracting with a major Japanese company.
・Defended executives and companies in white collar criminal cases in Japan including the largest price fixing case in Japanese public constructions history and a 220 million yen breach of trust case for a credit union
・Conducted internal investigations in securities fraud, antitrust, and other corporate fraud cases in Japan.
・Advised Japanese companies including multinational companies, financial institutions and a pharmaceutical company regarding compliance programs, corporate crisis
management, and whistleblower issues.

・Litigated multi-million dollar corporate disputes including defamation cases and executive compensation issues.
・Drafted contracts and handled disputes for major Japanese entertainment agencies with regard to film, music copyrights, advertisement, merchandising, and talent management.

【Education】
・University of Southern California Gould School of Law, LL.M., 2010
・Legal Training and Research Institute of the Supreme Court of Japan, Certified, 1998
・University of Tokyo Faculty of Law, LL.B., 1996

【Professional Affiliations】
・Japan Federation of Bar Associations
・Daini Tokyo Bar Association (Chair of the International Committee in 2017)
・Asia Representative of the Anti-Corruption Committee of International Bar Association (2019 and 2020)
・American Bar Association (Steering Committee of the Section of International Law Fall Meeting in Tokyo in 2016)
・Entertainment Lawyers Network
・IP Law Network
・Association of Certified Fraud Examiners Japan (Board Member; CFE)
・Japan In-House Lawyers Association (Vice Chair of the International Committee)
・Legal & Risk Management Institute (Founder & Managing Director)

開催概要

開催日時 2020年11月26日(木) 10:00~12:00
開催場所 Zoomによるオンライン開催となります
 
参加費
(1名様につき)
お一人様 22,000円(税込)
※お申込み期限は、開催日5日前までとといたします。
※事前振込をお願いしております。請求書・セミナー詳細は、お申込み後メールにてご案内いたします。
主催 ビジネスコーチ株式会社

セミナーお申し込み