• TOP
  • セミナー情報
  • 【オンライン開催】
    “ルール強化はもう限界”人間重視のヒューマンエラー防止法
    ~ヒューマンエラーは人間が引き起こす、従って人間が防げる~
    (簡単な演習&無料コンサル権利付き)

有料セミナー

【オンライン開催】
“ルール強化はもう限界”人間重視のヒューマンエラー防止法
~ヒューマンエラーは人間が引き起こす、従って人間が防げる~
(簡単な演習&無料コンサル権利付き)

開催日

2024年7月5日(金) 13:00~17:00


対象

開発・設計・製造部門、人材育成・教育部門等関連部門、研究・企画部門、品質保証・保全部門、運用・運転部門、事務部門など本テーマにご興味のある方

参加費(1名様につき)

41,800円(税込)
※事前振込をお願いしております。お申込後、ご請求書をメールにてお送りいたします。

概要

ヒューマンエラーが発生すると、要領・ルール等を強化して反省を迫り、言われたことしかやらない「考えない集団」を生み出し、「負の連鎖」を繰り返してしまいます。『もう、膨大なコストをかけて自動化するしかないのか?』と諦める前に、人的側面に光を当て、「改善活動が日常化する組織風土構築」をお勧めします。

構築の鍵は人間が保有している「人間力の醸成と発揮」を促す「人間重視の改善活動」を展開することにあります。講師はIT系で日本初のCMM(商標登録)レベル5を達成し高品質を実現した経験者ですが、過去、IT以外の分野(機械・制御・製造系、化学・薬品・医療系、プラント系、航空・交通・輸送系、電力・原子力系等)の方々にセミナーを提供しご好評を賜っております。

なお、日刊工業新聞社「工場管理」2018.2に講師執筆の「人間重視のヒューマンエラー防止法」特集記事を掲載。


★受講者の声:
 ・『目から鱗が落ちる思い、ヒューマンエラー対策を行ってきたが、作業者がやる気をなくした状態だった』
 ・『心理学的なアプローチについてご紹介いただいたので、簡単にできるところから実践していきたいと思いました』
 ・『とても分かり易く、すぐ実践できるところが良いと思いました』
 ・『期待通りで社内展開できる』
 ・『品質向上に直ぐに活かせる方法が多くあった』
 ・『分かりやすく共感がもてた』
 ・『明日から実践に取り入れたい』
 ・『オンラインだったが有意義に学習できた』
 ・『人間のメンタルな部分の重要性を理解』
 ・『動機付けのヒントが得られた』

プログラム

  • 内容

     第1章 ヒューマンエラーと人間重視
     (1) ヒューマンエラー防止活動の基盤
     (2) ヒューマンエラー防止と本セミナーの主張

     第2章 失敗を繰り返さないための「人間力の醸成」
     (1)「失敗の構図」と「品質問題の発生」
     (2)人間重視と人間力の醸成
     (3)ヒューマンエラーとコミュニケーションの向上

     第3章 ヒューマンエラー防止のための「動機付け」ケーススタディ
     (1)人を動かす仕組考案のコツ
     (2)「動機付けする」ケーススタディ

     第4章 エラー防止のための「リスクマインド醸成」ワークショップ
     (1)簡単にできる「問題発生防止」
     (2)「リスク管理の仕組」事例
     第5章 ヒューマンエラー防止のための「改善マインド醸成」ワークショップ
     (1)エラーを防ぐ「改善マインドの醸成」
     (2)「わくわく」感を生み出す「全員参加型改善活動」

     第6章 失敗を繰り返さないための「具体的な実践方法」の勧め
     (1)自律型「ヒューマンエラー防止活動への道」
     (2)お勧めの「改善活動実践パターン」

     第7章 実践に向けての「第一歩」

※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影はご遠慮ください。
※お申込者様のお名前、メールアドレス、会社名(部署名)、電話番号を(社)企業研究会で共有いたします。

開催概要

開催日時

41,800円(税込)
※事前振込をお願いしております。お申込後、ご請求書をメールにてお送りいたします。

開催場所

Zoomによるオンライン開催となります

担当講師
登壇講師 ヒューマン&クオリティ・ラボ代表
(元)富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ&上級教育士(工学) 関 弘充 氏

成蹊大学工学部経営工学科を卒業し富士通(株)入社。品質検査部門門を経てシステム開発部門において通信・金融等のシステム開発に関わる(途上、未来工学研究所主任研究員)。近年、品質問題を抱える本部組織の品質改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、SI分野で日本初の CMM®レベル5を達成、社長賞を受賞。定年後も続投し「わくわく」元気塾&品質改善講座を開講。2011年、富士通を退職。その後、「人間力醸成」を基盤にした各種セミナー・企業研修等で、3万人以上の方々への指導を行ってきている。(注)CMM:世界的に著名な改善モデル Capability Maturity Model and CMM are registered in the U.S. Patent and Trademark Office
参加費(1名様につき) 41,800円(税込)
※事前振込をお願いしております。お申込後、ご請求書をメールにてお送りいたします。
*キャンセルについて* お振込み後、当日のキャンセルはいたしかねます。
お申込者がご出席いただけない場合は、代理の方にご出席をお願いいたします。
やむをえず当日ご欠席される場合は、資料を送付させていただきますので 未入金の場合も受講料のお支払いをお願いいたします。
主催
共催
一般社団法人企業研究会
ビジネスコーチ株式会社

RELATED INFORMATION関連情報

セミナー

【オンライン開催】
『有価証券報告書の読み方』入門講座

有価証券報告書とは、株式を発行する上場企業などが開示する企業情報です。略して「有報」と呼ぶこともあります。開示される情報は、企業の概況、事業の状況、財務諸表など多岐にわたる内容です。本セミナーでは、「...

セミナー

【オンライン開催】
<カスタマーハラスメント対策の第一人者が解説>
『企業として取り組むべきカスタマーハラスメント対策』

社会問題になっているカスタマーハラスメント。昨年、厚生労働省によるマニュアルが公表され、旅館業法の改正等の流れもあり、企業でのカスタマーハラスメント対策も徐々に進んできています。カスタマーハラスメント...

セミナー

【オンライン開催】
『社内調査の位置付けから不正類型別の留意点まで』
社内調査の進め方、ポイントを徹底解説!

本セミナーでは、不祥事が発生した場合の対応について概説した上で、不祥事対応の中でも特に「社内調査」を行う上でのポイントや不正類型別の「社内調査」の留意点等についてご説明します。受講者の方には、万一不祥...

セミナー

【オンライン開催】
実務に役立つIR基礎講座〈知識編〉

IR(投資家向け広報)は、昨今の制度改正でIRそのものの理解だけでは業務を完遂することが難しくなってきています。これまでは財務分析の知識があれば何とか対応できていたところから、より広範囲の知識が必要に...

セミナー

【オンライン開催】
“ルール強化はもう限界”人間重視のヒューマンエラー防止法
~ヒューマンエラーは人間が引き起こす、従って人間が防げる~
(簡単な演習&無料コンサル権利付き)

ヒューマンエラーが発生すると、要領・ルール等を強化して反省を迫り、言われたことしかやらない「考えない集団」を生み出し、「負の連鎖」を繰り返してしまいます。『もう、膨大なコストをかけて自動化するしかない...

セミナー

【オンライン開催】『人事・コンプラ部門必見!役職員不正対応の勘所』
~実効的な調査手法、役職員処分、公表から民事刑事対応まで~

いわゆる不正調査に関するセミナーは多数あるところですが、本セミナーは、役職員による不正にフォーカスして、実務担当者の皆様方からご質問を受けることが多いポイントを具体的に解説いたします。従業員に対する懲...

セミナー

【オンライン開催】
新任担当者のための『労務監査』のすすめ方

初めて『労務監査』を担当する方を対象に、労務監査の意義・考え方や視点を実務者目線でわかりやすく解説いたします。

セミナー

【オンライン開催】『下請法コンプライアンスと実務対応』
~基礎知識と実践的な対応を解説~

下請法は、年間9000件前後の違反が毎年のように報告されています。政府は、転嫁円滑化パッケージにおいて、独占禁止法の優越的地位の濫用規制や下請法の運用を強化することとし、このフォローアップが続いていま...

セミナー

【オンライン開催】『経営企画部門の業務の基本講座』(企画立案編)
自社に合った分かりやすく、通りやすい企画を立案する

今日、経営企画では、中期経営計画や、新規事業のビジネスプラン、SDGs・ESG対応計画立案等いろいろな企画立案力が求められています。このようにいろいろな種類の企画がありますが、昨今特に強く求められてい...

セミナー

【オンライン開催】~3つのキーワードで理解する~
『ケースで学ぶ 新任担当者のための個人情報保護法の基本』

「名前も分からない人の顔写真は個人情報か?」「氏名・住所・生年月日を削除すれば個人情報でなくなるから第三者に渡してもよい?」これらの疑問に適切に答えるには、個人情報保護法における基本的な概念を理解して...