資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. 事例紹介>
  3. 【ソニー様】重要なのはフィードフォワードであり、フィードバックではない

事例紹介

【ソニー様】重要なのはフィードフォワードであり、フィードバックではない

ソニー

人事センター 人材開発部 井上 多恵子 氏
EC人事部 小林 誠司 氏
EC人事部 山下 弘晃氏

ビジネスコーチ 
お客様に聞く(マーシャル・ゴールドスミス特別セミナー) ー ソニー ー

title

 

ソニー 人事センター 人材開発部 井上 多恵子 氏、EC人事部 小林誠司 氏、山下 弘晃氏にビジネスコーチの各種サービスを導入した経緯とその効果について詳しく聞きました。

ソニーについて

世界を代表する電機メーカーの一つ。CMOSイメージセンサやゲームでは世界トップシェア。映画・音楽分野にも重点を置いている。連結売上高85440億円、従業員数117300名。
(※ この事例に記述した数字・事実はすべて、事例取材当時に発表されていた事実に基づきます。数字の一部は概数、およその数で記述しています)

ソニーでのビジネスコーチング活用

Q. ソニーではビジネスコーチのサービスをどう活用していますか。

ソニーグループでは2016年より、ビジネスコーチの各種コーチング、研修を導入しています。概要は次のとおりです。

実施年 実施したこと 受講者
2016年 社内コーチ育成プログラム ソニーグループ人事部
2016年 エグゼクティブコーチング 製造系グループ会社幹部
2016年 「若手技術者向けイノベーション研修」 製造系グループ会社技術部門
2016年 エグゼクティブコーチング 製造系グループ会社幹部
2017年 「管理職研修」 マーケティング系グループ会社
2017年 エグゼクティブコーチング IT系グループ会社幹部
2017年 「部長研修 」 IT系グループ会社幹部
2017年 エグゼクティブコーチング ソニー海外
2018年 社内コーチ育成プログラム IT系グループ会社幹部
2018年 1on1研修 グループ会社
2018年 「マーシャル・ゴールドスミスによる特別セミナー」 ソニー本社

本日は、去る7月に実施した「マーシャル・ゴールドスミス特別セミナー」のことを中心にお話いたします。

セミナーの目的、概要

s2

Q. マーシャル・ゴールドスミスのセミナーを実施した経緯を教えてください。

ビジネスコーチのエグゼクティブ開発やコーチングスタイルの源流は、「コーチングの神様」と呼ばれるマーシャル・ゴールドスミスにあります。そして2018年にビジネスコーチから、「マーシャルが来日する。希望があればソニー向けに特別セミナーを提供することも可能」と案内がありました。
これまで重ねてきた研修、エグゼクティブコーチングに加え、源流でもある世界一流のエグゼクティブコーチのセミナーに触れれば、参加者にもこれまでと違う「良質の気づき」がもたらされると期待できます。ビジネスコーチに手配を依頼し、マーシャル・ゴールドスミスを招聘して特別セミナーを開くことを決めました。セミナーの概要は次のとおりです。

日時 内容 受講者
7/4 「ピータードラッカーの教え」 社内キャリア研修講師の部課長 20名
7/5 Leadership and Coaching

ソニーユニバーシティ現役および卒業生、合計100

 

ss3

 

マーシャル・ゴールドスミスとは?

マーシャル・ゴールドスミス博士(Dr.Marshall Goldsmith) インディアナ大学MBAUCLA博士号。エグゼクティブコーチングの第一人者。 フォード、グラクソスミスクライン、ファイザー、世界銀行など世界的大企業のCEOCEO候補100名以上をコーチしたことで知られる。

1949年ケンタッキー州生まれ。76年から大学で教鞭をとるかたわら、専門とする「ボードメンバー向けリーダーシップアセスメント」の手法を駆使してリーダーシップ能力開発プログラムに従事。

米国における「エグゼクティブコーチングのグル(先導者)」と呼ばれる。

「経営思想界のアカデミー賞」とも言われる権威と影響力を持つといわれるThinkers 50で、2015年にリーダーシップ開発部門賞受賞(総合では5位)に選出される。主な著書に『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』『コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方』『トリガー 自分を変えるコーチングの極意』(いずれも日本経済新聞出版社)。

マーシャル・ゴールドスミスが語る、リーダーの 【20の悪い癖】

  • 「極度の負けず嫌い」
  • 「何かひとこと価値をつけ加えようとする」
  • 「善し悪しの判断をくだす」
  • 「人を傷つける破壊的なコメントをする」
  • 「『いや』『しかし』『でも』で文章を始める」
  • 「自分がいかに賢いかを話す」
  • 「腹を立てている時に話す」
  • 「否定、もしくは『うまくいくわけないよ。その理由はね』と言う」
  • 「情報を教えない」
  • 「きちんと他人を認めない」
  • 「他人の手柄を横どりする」
  • 「言い訳をする」
  • 「過去にしがみつく」
  • 「えこひいきする」
  • 「すまなかったという気持ちを表さない」
  • 「人の話を聞かない」
  • 「感謝の気持ちを表さない」
  • 「八つ当たりする」
  • 「 責任回避する」
  • 「『わたしはこうなんだ』と言いすぎる」

セミナーへの評価

s3

Q. 人事の方から見てのセミナーの感想を教えてください。

まずマーシャルさんが、大変、フレンドリーであることに驚きました。コーチングの神様というから、もう少し先生然とした「えらい人」を予想していましたが、マーシャルさんは終始にこやかでした。

プロフェッショナリズムにも感銘を受けました。「この2日間はすべてソニーのために使う」と宣言し、その姿勢は控え室でも一貫していました。にこやかではあっても「緩む」ことがない。どの場所でも「ソニーへの集中」が途切れませんでした。

セミナー中は、とにかく良く動いていました。セミナー時間の半分以上は客席で語っていました。「重要なのはフィードフォワードであり、フィードバックではない」という話のとき、「みなさんフィードバックをもらって嬉しいですか? Fun,Fun,Funという気持ちになりますか?」と言いながら、Fun,Fun,Funに合わせて、ピョコ、ピョコ、ピョコと横にジャンプしていったのが印象的でした。70歳とは思えない軽快さでした。

初日は、セミナーの前に聴衆20人に対し、ひとりひとり名前を呼びながら握手していました。受講者を「かたまり」でなく、個々人として見ていることがよく分かりました。

ss2

受講者アンケートの内容

Q. 受講者の反応はいかがでしたか。

アンケート結果は非常に良好でした。以下、自由記入欄に書かれた感想を紹介します。

  • 「正解が無いことに対してのマインドセット」
  • 「正解」はない。自分の判断を信じる。
  • 「自分の正しさを証明しようと頑張ることのむなしさ」
  • 「自分が持っていない物を追いかけない」
  • 「自分の部下が自分よりも専門家であるときのマネージメントの考え方」
  • 「自分に対して繰り返し質問することの重要性」
  • 「自分自身に問いかける習慣を試そうと思いました」
  • 「押しつけないで、引き出すような指導をしようと思いました」
  • 「”Great, but”を決して言わないようにする」

これらコメントを見ても、マーシャルさんの講演が、受講者に「良質な気づき」を誘発したことがうかがえます。

ビジネスコーチへの評価

s1

Q. ビジネスコーチへの評価、今後の期待をお聞かせください。

今回ビジネスコーチには、企画、スケジュール調整など各種コーディネートを依頼しました。企画ものの講演は、社内の各部門を横断的に巻き込んでいくため、部門間の調整作業が多く発生します。「最初にすべてを決めること」が難しく、もろもろを「柔軟に変えながら」進める必要があります。こうした進行に対し、ビジネスコーチからは柔軟かつ適切な対応がありました。

ソニーでは、管理職の人間力を強化するために、引き続きコーチングを積極的に活用していきたいと考えています。ビジネスコーチには、それら取り組みを、高いコーチング技術、提案力、コーディネート力を通じて支援していただくことを希望します。引き続きよろしくお願いします。

※ この他、ソニーユニバーシティ学長 根本 章二 氏 および、 人材開発部部長 池山 一誠 氏からもコメントをいただきました。

ソニーユニバーシティ学長 根本 章二 氏のコメント

ss4マーシャル・ゴールドスミス氏は、これまで多くのCEOをコーチングし、高いパフォーマンスを引き出してきたという。セッションは本当に楽しみだった。

まず100名の聴衆を3時間にわたり惹きつづけるバイタリティー、スキルに驚いた。一方的に伝えるだけではない。大事な点は実際に練習をさせて腹落ちさせる。そのプロセスがすごいと思った。

日本人どうしでフィードフォワードをするのは、少し照れくさかった。それでも、続けるうちに前向きなマインドが自分に芽生えてくる。コミュニケーションの「引きだし」が一つ増えたように思う。

車を運転中に注意されたときの態度の話を聞いて、自分のリーダーシップの現状を振り返ることができた。建設的な関係の構築に役立ちそうだ。学んだことを実践すれば、自分のマインドセットを変えていけるだろう。試しに家内に、学んだことを試してみた。すると、家人の反応が確かに変わった。

次世代リーダーを目指す若手は、こうした「外部のパワフルな人材とのタッチポイント」を持つ機会を増やし、自らの行動を変革してほしい。

機会があれば、もう一度、受講したい、そう思える高品質の講義だった。

 

人材開発部 部長 池山 一誠 氏のコメント
「フィードフォワード」、「20の悪癖」。多くのスキルを短時間で学べた。ただ、最も良かったのは、講義の終了後に、自分の中に「明来に向かってチャレンジする、上向きのエネルギー」が漲(みなぎ)ってきたこと。

通常の研修はHowToを学ぶことが多い。終了後は、なぜか気分が疲れる。しかし、本来は、受講者が自身の成長にエンゲージ&コミットし、エネルギーを集中させているのが健全な姿であるはず。リーダーのエネルギーは、そのまま組織の活力につながる。今回、マーシャルが、明日のソニーを担うリーダーとなる受講者を、正しい方向に導き、元気を与えてくれたことに感謝したい。

HowToなら誰でも教えられる。しかしマーシャルには、多くのCEOをコーチングする中で蓄積された人間力、熱意、スキル、コミュニケーション力があり、だからこそ「人としての生き方、幸福の追求、人生を豊かにする方法」が自然と伝わる。家族、そして周囲で自分を支えてくれる人に感謝しなければならない。それなしに仕事の成果は出せない。そのことに気づいた。

03-3556-5271
受付時間 9:30〜18:00
(土曜祝日を除く)

関連情報