資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. コーチ紹介>
  3. 加地 照子

コーチ紹介

加地 照子TERUKO KACHI

加地 照子

ビジネスコーチ株式会社 パートナーエグゼクティブコーチ
日本ホスピタリティ・マネジメント学会理事
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ
Worldwide Association of Business Coaches
(WABC、本部カナダ)正会員
HSI認証コンサルタント

学歴・職歴

東京外国語大学フランス語科卒業。
日本航空(株)入社後、初代女性海外実習生としてパリ勤務。のち欧州各国航空会社と協定交渉にあたる。
都内営業所長を経て中近東クウェート駐在。本社管理職として世界各国社員の人材育成企画・訓練に従事。
女性活躍推進の全社的新規プロジェクトリーダー。日航財団(現JAL財団)
広報担当部長および研究開発センター主任研究員。
2003年、(公財)21世紀職業財団の東京事務所長のち本部事業部担当部長となり、
日航での現場・政策両分野での経験を活かし、諸リーディング企業の人財多様性経営や
女性活躍推進の実行支援に集中する。
ホスピタリティ・マネジメント学にて修士号。2010年独立。

実績

・早期より世界各国の多様な人財に触れ、人材=gemを発掘研磨するすることの重要性を見出す。
・そのため、「経営戦略としての”ホスピタリティ・リーダーシップ・コーチング”」を
 独自に発展させ、強みとしている。
・この強みを活かし、役員や幹部を対象としたエグゼクティブコーチングを要に、
 官・学・民※よりご要請を受け講演や研修も含め活動中。
 ※社団法人(埼玉県経営者協会)・大学(九州・高知大学)・大手企業など
・特に、グローバルに活躍する女性幹部の育成支援を優先事項のひとつとし、
 オーダープログラム:「真の次世代リーダーになるためのリーダーシップ研修、
 引き続いての1on1早期特別コーチング」を4年前より継続実施、
 当該リーディング企業より定評を頂戴している。

著書・論文・寄稿

「ホスピタリティとリーダーシップの相関性に係る一考察-ワークライフバランス 戦略と成果の視点から-」
「女性の活躍推進事業に見るホスピタリティに係る一考察」
「Hospitality in the Context of Affirmative Action Projects: In Pursuit of“Pearlization (shinjyu-ka 真珠化)”」
「ワーク・ライフ・バランスにおけるホスピタリティ・マネジメントに係る一考察」
「社会貢献(責任)度調査に見るホスピタリティに係る一考察」
「航空旅行におけるホスピタリティ・マネジメントに係る一考察」
「航空旅行に見る茶会との相似性に係る一考察」などの論文を発表。
直近では、日本産業訓練協会誌【産業訓練】に「女性活躍推進の留意点」を寄稿。

<>