資料ダウンロード
  1. TOP>
  2. コーチ紹介>
  3. 酒井 正子

コーチ紹介

酒井 正子Masako Sakai

ビジネスコーチ株式会社パートナーエグゼクティブコーチ
筑波大 経営学修士 MBA
東京大 学術博士 Ph.D.

学歴・職歴

東京大学教養学科卒。日本航空入社、本社国際営業配属。豪州滞在。同社広報部に復帰。業界関連財団法人に移籍し、官公庁からの委託調査に携わる。再委託する総研の調査報告書をチェックできる知識を得るべく勤務の傍ら、データ 解析・統計分析を大学院で学び直す自己投資。
縁あって、大東文化大経営学部の非常勤講師、帝京大経済学部では教授として、 直近 10 数年、延べ 3000 時間、千数百人の学生に「経営史」を講義。働くということ・経営に対する積極的な関与への意識向上に尽力しました。というのも、 経営史は、 18 世紀末英国産業革命に始まる米欧日 200 年余りの企業栄枯盛衰を辿る研究分野であり、企業生存をかけた事業・組織の経営変遷の過程をみる学問。イノベーションへの取り組み如何が企業にあっても個人においても、その後の将来を決定します。このことを念頭に、学生を惹き付け興味を持たせる熱い授業を心掛けました。
同時期、国交省や経産省、総務省の審議会はじめ諸々の委員会に委員として参画。名だたる大企業トップの方々と知己を得る機会となり、現代の企業実相を体感して刺激を受けました。先立つ 1989 年 「はじめてアメリカを見た日本人」を翻訳出版( NHK 出版)した折、江戸末期の漁師漂流民が明治黎明期に果たした舞台裏の役割に魅せられ、以来私は、VUCA時代の今日、日本経済の盛衰を握る経営者の方々にとって、往時の彼らと同じような役割を何かしら果たす存在でありたいと考えるようになりました。
2021年 3月、ビジネスコーチ株式会社 パートナーエグゼクティブコーチに就任。


著作・講演活動多々。ごく一例として、
航空・旅行産業界を視野に「羽田 日本を担う拠点空港――航空交通と都道府県」
(成山堂書店 2005年)
製造業界を念頭に「翔べ 日本の国産旅客機産業」
(公益社団法人日本航空技術協会 月刊誌4回連載 2015年)
最近では、「日本のオンライン旅行市場調査」
(ブックウェイ 2012年、2014年、2016年、2018年に改定版)を共同執筆するなど、DXの分野にも踏み込んでいます。
コーチング関連本はこれから執筆予定です。乞うご期待 !!!

<>